ねとたす

[イタリア旅行記] ヴェネツィアを散策してきた

      2015/10/13

ベネチアのリアルト橋

ミラノから電車に乗ってヴェネツィアにやってきました。
フィレンツェが花の都なら、ベネチアは水の都ですね!

イタリア旅行記

「ヴェネツィアとその潟」という名称で世界遺産に登録されて有名な観光地なので、説明は不要かと。いろいろ写真を撮ってきたのでアップしておきます。

スポンサード

ヴェネツィアを観光してみる

サン・マルコ広場

ヴェネツィアの中心的な広場!
回廊のある建物に囲まれ、ドゥカーレ宮殿やサン・マルコ寺院もあるので、ヴェネツィアに来たら絶対来ることになる。
世界で最も美しい広場とも言われてるらしいのですが…

サン・マルコ広場はベネチアの中心的な広場

ま、観光客が多すぎて…美しい広場には見えないですね。。
世界で最も美しい広場

大潮、低気圧、「シロッコ(アドリア海の東南から吹く風)の3つの要因が重なると、「アクア・アルタ」と呼ばれる高潮が発生して、水没するらしいですよ。高床が敷かれて通行が確保されるらしいのですが、(よくはないかもしれませんが)遭遇できた方はある意味ラッキーかもしれません。

無数の運河があっていい雰囲気です。
ベネチアの運河

細い運河…というか水路…は、水上バスは通っていなくて、ゴンドラのみ楽しめます。
お金に余裕がある方はぜひ。

ベネチアのゴンドラ

こういう風景も、ベネチアならではですな。
ちょうどゴンドラが来たので写真撮ってたら、逆に撮影された…。

リアルト橋

ヴェネツィアを象徴する建築物のひとつですね。名前は知らないけど、テレビでよく出てくる橋です。それ、リアルト橋っていいます。水上バスで近くに行くこともできるし、水上バスで橋をくぐることもできますよ。
リアルト橋

観光客は、ほぼ100%リアルト橋に来て、この景色を見てきます。
不思議な光景です。

リアルト橋からの眺め

ベネチアは車と道路の街じゃなくて、船と運河の街。すてきですね!

どこを写真におさめても、それなりの写真が撮れてしまう気がする。
P1010574

ちなみに、リアルト橋はお土産屋さんばっかりです。そして、世界各国から観光客が来てます。(ちょっと人混みが嫌だった..)
リアルト橋周辺のお土産屋

スイーツも楽しめるよ

散策してると、スイーツを売ってる店が!
イタリア語全く分からないのですが、見た感じスイーツでしょう。
スイーツも楽しめるよ

この赤くてながーいやつ…何なんだろ…

赤くてながーいやつ

せっかくなので、イタリア生まれのメリンガ(MERINGA)というお菓子を買ってみた。
卵白を泡立てて焼いた菓子。メレンゲですね。

イタリア生まれのメリンガというお菓子

初めて食べたのですが、びっくりするくらいサックサク。なのに、口の中で溶ける。
美味しい! けど甘い甘い甘い…コーヒーや紅茶と一緒に食べたかった。。

ベネチア本島を眺めるなら対岸の教会がおすすめ

サンマルコ広場の対岸に、サン ジョルジョ マッジョーレ教会(San Giorgio Maggiore)という小さな教会があるんですね。ベネチア本島を眺めることができる意外と穴場スポットです。

お兄さん優しかった。
サン ジョルジョ マッジョーレ教会のお兄さん優しかった

サン・マルコ広場にある鐘楼がバッチリ見えます。
サン ジョルジョ マッジョーレ教会からの眺め

ズームにすると、サン・マルコ広場も。
サン・マルコ広場も見える

サン・マルコ広場の鐘楼にも登ることができますが、ココは環境客が少なくて、ヴェネツィア本島を一望できるので結構いいと思う。

ヴェネツィア観光が10倍楽しくなる方法

ヴェネツィアは、水の都。
という知識だけでは、正直もったいないですよ。

ヴェネツィアにはすばらしい美術がありますし、独特の歴史があります。前知識があると10倍以上楽しめます。以下がおすすめの本です。

ヴェネツィアの美術

歴史全般をたどった本ではなくて、ヴェネツィアの美術の奥深さを感じ取れる本です。この前知識があるとヴェネツィア観光が何倍も楽しめます。

ヴェネツィアの歴史

ヴェネツィアはローマ帝国滅亡後、他国の侵略も絶えないイタリア半島にあって、一千年もの長きにわたり、自由と独立を守り続けた共和国なんです。その歴史をちょっとでも知って、ヴェネツィアにいくと感慨深いものがあると思います。文庫で読みやすい歴史書なので、ぜひ。

 - イタリア 旅行 , ,

[イタリア旅行記] ヴェネツィアを散策してきた

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.