ねとたす

[モルディブ旅行記] ロビンソンクラブまでの道のり

      2015/10/14

マレ・フルレ国際空港から国内線へ

ロビンソンクラブは、マレ国際空港についてから国内線で移動するんです。

すこし不安だったけど迷うことはないですね。現地スタッフが完璧に案内してくれました。

私が、ロビンソンクラブ・モルディブを選んだ理由

英語とかまったく話せなくても大丈夫!!移動を心配する必要はありません。

スポンサード

マレ・フルレ国際空港から国内線で、約1時間

旅行会社の方が必ずいる

マレ・フルレ国際空港 (MLE)の出口を出るとで待機されていた旅行会社の担当の方に案内され徒歩で国内線の乗り場へ向かいます。もちろん、マレ島で1泊する場合も旅行会社の方が案内してくれます。旅行会社の人を装って声をかけてくるかもしれませんので、必ず自分でプラカードをもった旅行会社の人を見つけて、自分から声をかけるようにしましょう。

出発まで国内線ラウンジが使える

国内線のラウンジは軽食や飲み物も充実していて、すべて無料です。小さなペットボトルのジュース類がありますので、リゾートでは飲み水が貴重になるので、ミネラルウォーターを持っていくとよいかもしれません。無理に持っていかなくても、スピードボートに乗るときにペットボトルを貰えます。

マレ島へのアクセスは深夜でも早朝でも大丈夫

マレ島で1泊するプランで行きまして不安もありましたが、早朝でも深夜でも飛行機が飛んでいる時間には必ず水上ボートが動いてます。マレ・フルレ国際空港のある島と、マレ島をピストンする水上バスなので迷うことはないと思います。地元の方も利用しているようですが、治安は全く問題なしです。

カアーデドゥー空港から、ボートで約30分

カアーデドゥー空港からスピードボートに乗る

ホテルのスタッフがいる

カアーデドゥー空港で待機されていたRobinson Club Maldivesと書かれている青いシャツを着たロビンソンクラブ・モルディブのスタッフに案内され、徒歩でスピードボートの乗り場へ向かいます。日本語は通じないですが、爽やかな方ばかりです。荷物はもちろん、スタッフの方が運んでくれます。

船酔いに注意する

天候によって所要時間は変わりますが30分くらいでロビンソンクラブ・モルディブに到着します。綺麗な海なので楽しめます!ただ、スピードボートは想像している以上に揺れます。国際線での長時間の移動、海外に来た緊張感での疲れがあるはずなので、普段船酔いしない人も船酔いになるらしいです。船酔いしていたら時間が勿体ないので、酔い止めを飲んだり、乗り物酔い対策のバンドを付けておく方がよいかもしれません。

ロビンソンクラブに到着したら

モルディブの電動カート

大勢のスタッフで迎えてくれます。電動カートにのって、ホテルまで連れて行ってくれます。当たり前ですが、荷物はすべてスタッフが運んでくれます。私が行った時は、電動カートレースをやってくれました(笑)

 - モルディブ 旅行 ,

[モルディブ旅行記] ロビンソンクラブまでの道のり

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.