ねとたす

[格安SIMレビュー] フリーテルを選んだ5つの理由

      2016/04/28

格安SIMレビュー フリーテルを選んだ5つの理由

通信速度が速い!とネット評判の格安SIM・FREETEL(フリーテル)に乗り換えました。

夫婦2人の携帯代、月額2200円!安っ!!

フリーテルを選んだ理由とあわせて、フリーテルSIMの通信速度や契約の手続き方法、注意点などをまとめました。キャリア携帯でもSIMロックを解除して、格安SIM使えば携帯代めちゃくちゃ安くなりますよー。

スポンサード

格安SIM・フリーテルの通信速度レビュー

これまでdocomoとIIJmio(みおふぉん)を使っていたのですが…全部解約して、FREETEL(フリーテル)に乗り換えました。

フリーテルとみおふぉんの通信速度比較・混雑時間帯

ネットの評判通り、めっちゃ速い!

遅いだろ…と思うかもしれません。でも時間帯をご覧ください。MVNOの格安SIMは昼休み時間帯と夜間、多くの人がネットを使う時間帯は通信速度が遅くなる傾向があるんです。その中でこの速度はかなり優秀です。

格安SIM・フリーテルの通信速度

どの時間帯でも快適に通信できるのがすばらしい!

ダウンロード速度が5Mbps以上あれば、不便はしないです。少し補足すると…IIJmioは混雑時間帯では0.5Mbps以下になりますが速いときは30Mbps超えてました。これが良いのか悪いのかは考え方によると思います。

フリーテルを選んだ5つの理由

2012年からbmobileを使って、その後iiJmioを使ってきたぼくが、FREETELを選んだ理由。

使った分だけ料金が請求される料金プラン

音声通話付SIMの場合、月額¥999~¥3,170(10GB)。使わないときは安く済む…というよりも、月間10GBまで使えるのが地味に便利!追加チケットとかめんどくさいので。

LINEアプリのデータ通信料が0円

通信した分だけ料金が請求されるのですが、LINEアプリのトークや画像送受信は通信にカウントされないんです。つまり無料。LINEのほか、WhatsApp Messenger、WeChatなどのメッセンジャーアプリでもデータ通信費がかかりません。

フリーテルSIMならLINEが無料

AppStoreでのアプリダウンロードも無料

FREETEL SIM for iPhoneなら、AppStoreでのアプリなどのダウンロードで発生するものはカウントされません。つまり、これも無料。アプリのアップデートって意外と通信量をくうのですが、気にせずできちゃいます。

通信速度がどの時間帯でもトップクラス

格安SIM(MVNO)といっても、実際にはドコモ回線やau回線を使うのでLTE通信は速いです。が、正午や夜間で多くの人が使用する時間帯は遅くなりがちなんです。
ところが、フリーテルのSIMは常にトップクラスの回線速度がでていて、24時間どの時間帯でも快適に高速通信を楽しめる気がしてます。

音声付きSIMでも最低利用期間がない

音声付SIMの場合は最低利用期間1年に設定されることが多いのですが、フリーテルSIMは契約期間のしばりがありません。解約したいなーって思ったらその月の月末で契約を解除できるんです。とっても良心的。

 

フリーテルを使う方法

手続きはネットで完結するので楽チンですよ。土曜日の夕方にSIMを注文し、日曜日に発送され、月曜日にはSIMカードが手元に届きました。ぼくは2日間かかりましたが、午前中に申し込むと午後に発送されるので、早い人は翌日に完了します。早っ!

まず、MNP(ナンバーポータビリティ)の予約番号を発行

docomoのマイページで予約番号を発行。(151のサポートダイヤルにかけても予約番号を発行してくれます。)

ナンバーポータビリティとは、携帯電話の加入者が別の事業者(キャリア)に契約を切り替えても、元の番号がそのまま使える制度およびシステム。日本では2006年10月24日にスタートした。

公式サイトから注文

公式サイトから契約情報を入力して、年齢確認書類をアップロード、対象電話番号とMNP(ナンバーポータビリティ)の予約番号を入力する。SIMカードのみの場合、朝11時までの注文は当日に発送されます。

公式https://www.freetel.jp/

専用ダイヤルに電話して、切り替え

電話をかけてから…10分くらいかな?無事電話番語が変わりました。あとは、APNの設定をして完了です。設定マニュアルに詳しく書いてあるので、誰でもできます。

FREETELを選ぶ注意点

余った通信量を翌月に繰り越せない

評判の良いmineo(マイネオ)IIJmio(みおふぉん)のように、余った通信量を翌月に繰り越したり家族で分配することができません。

違約金はないけど、MNP転出手数料がある

最低契約期間に縛りがなく契約解除料といった費用はかからないのですが、別の通信会社に乗り換える場合にはMNP(ナンバーポータビリティ)の転出手数料がかかります。(といっても、他社よりも安いです。)

契約当月 15,000円
契約後2ヶ月目 14,000円
契約後3ヶ月目 13,000円
契約後4ヶ月目 12,000円
契約後5ヶ月目 11,000円
契約後6ヶ月目 10,000円
契約後7ヶ月目 9,000円
契約後8ヶ月目 8,000円
契約後9ヶ月目 7,000円
契約後10ヶ月目 6,000円
契約後11ヶ月目 5,000円
契約後12ヶ月目 4,000円
契約後13ヶ月目以降 2,000円

 
だいたいこんなところですかね?

夫婦2人で月の携帯代なんと2200円です。一人あたり1000円ちょっと。安っ!!

格安SIMは電波が弱いとか通信が遅いとか…ネットではいろいろな評判がありますが、なにも不自由してません。他のMVNOに乗り換えすることはあっても、もうドコモやソフトバンクなどのキャリア携帯には戻らないと思います。

 - 満足度100%おすすめグッズ!

[格安SIMレビュー] フリーテルを選んだ5つの理由

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.