ねとたす

[SEO対策事例]通販サイト月商100万円から3000万の売上アップの道のり

      2016/01/27

[SEO対策事例]ECサイト月商100万円から3000万の売上アップ

ECサイト運営の支援をはじめてから2年経過、少しずつ売り上げを伸ばし月商3000万円を超えてきました。この記事では、ECサイトで実施したSEO対策とその結果、SEOに対する考え方をまとめました。

スポンサード

ECサイトの売上・粗利の推移とSEO対策結果

まず、売上と粗利がどのように伸びたのか、SEO対策の成果はどのように表れたのか結論からご覧ください。

2年間で月商が30倍増えたECサイト

ECサイトの売上と粗利の推移
現在は、月間売上3000万円を超えるECサイトに成長しました。でも支援当初は月間100万円前後で売上が伸び悩んでいたサイトだったんです。どのようにして売上拡大をしてきたのか…この記事では、中小企業のECサイトサイトを題材にECサイトでのSEO対策について事例をもとに紹介します。ちなみに、このサイトは独自ECサイト(EC-CUBE)、専属社員1名+ぼくの2名体制で運営している通販サイトの事例です。楽天市場やYahooショッピングなどのショッピングモールに出店するECサイトでは考え方が異なるのでご注意ください。

自然検索流入数は約3倍に

ECサイトのSEO対策の結果
上記は月間のセッション数と自然検索流入数の推移です。紆余曲折ありながらも自然検索流入数が3倍くらいになりました。実際におこなった具体的なSEO対策は後ほど説明します。また、セッション数が伸びているのは、プロモーションをし会員数・売上共に成長してきたためです。広告プロモーションの考え方については別途記事にしていますので、興味のある方はどうぞ。

ECサイトのSEO対策の超基礎編

まず、ECサイトに限らずウェブサイトすべてに共通しているSEO対策の基礎の基礎の話です。基礎の基礎の話なのですがECサイトではこのSEO対策ですらやっていない会社が多いと感じています。構造上できないSEO対策ができない、費用対効果が見合わないから対策していない…という方が正しいかもしれません。EC-CUBEなどパッケージで自社ECサイトを運営しているのであればSEO対策しないと本当に損ですよ。

サーチコンソールに登録

サイト運営にあたっては当たり前のことなのですがECサイトでは意外と登録していない会社が多いんです。この事例企業でも例外ではなくサーチコンソールに登録していない状態でした。だからまず、ECサイトでもサイトマップを作成しサーチコンソールに登録しました。Googleサーチコンソールへの登録は、SEO対策の以前にサイトの状況把握のために必須です。
参考Search Consoleの使い方ーサイトを登録する方法

マークアップの修正

ECサイトはホームページやブログに比べて動的処理が多くてプログラマ・エンジニア主導で構築しているケースが多いため、検索エンジン視点でみるとソースコードが汚いことが多いんですね。(あくまでも検索エンジンからみたソースコードの話です。)だから検索エンジンがクロールしやすいように、テンプレートを整えました。

マークアップとは…人間語が認識出来ない機械でも文書の構造が認識出来るように、文書の各要素に目印を与えて行く事です。

ソースコードの圧縮

Webページの表示速度を高めるためJavaScriptやcssなど構成ファイルを圧縮してファイル容量を小さくしました。ECサイトはファイル数も多いので塵も積もれば山となります。ただし、システム改修やデザイン修正を円滑に行うためのコメントアウト部分は残す…など運用に問題がでないように注意が必要です。

サーバーのチューニング

ある程度売り上げが拡大したところで、サイトの表示速度を改善しました。サイトの表示速度を上げることでSEO的にも効果があるし、ユーザーの利便性があがってコンバージョン率が高くなります。このあたりはぼく自身ではできないので「ココをこんな感じにしてほしい」とエンジニアに頼るところです。サラっと書きましたが…本格的にインフラを最適化する場合かなりの費用がかかりますので、最低限サイト訪問者・購入者がイライラしない程度のページ表示速度になるように最適化します。目安は3秒以内の表示です。

その他

このあたりの基礎的なことは、GoogleのPageSpeed Insightsやサーチコンソールで都度チェックし、指摘された通りに修正していきます。ECサイトにおいてはここまでのSEO対策をするだけでも、一つ抜きん出ます。
参考GoogleのPageSpeed Insights

検索結果で上位表示させるキーワードの選定方法

SEO対策の基礎を行ったあとは、GoogleやYahooなどの検索結果で上位表示させたいキーワードの選定に移ります。すべての検索ワードで検索結果上位表示する..ことはできないため、どういうキーワードを狙うべきかを決める必要がありますよね。実施したコツを紹介します。

記事コンテンツが多いメディア(ブログ)と違う点

ECサイトの場合サイト内のページ数が多くなる一方、1ページあたりのコンテンツ量が少ない傾向があります。たとえばECサイトの商品詳細ページとニュース記事をイメージするとわかりやすいと思います。ニュース系記事の場合文字数が多いのですが、ECサイトの商品詳細ページは少ないですよね?

理想をいえばECサイトでも商品詳細ページの1ページあたりの文字数を増やすというSEO対策をしたいところです。しかし商品点数が多いECサイトの場合はコスト面で非現実的なSEO対策です。この事例企業も同様で基本的に商品詳細ページの1ページあたりの文字数は変えずSEO内部施策中心に行ってます。

キーワードのあたりをつける

最も多いパターンは商品名・ブランド名・カテゴリ名・型番などの商品系キーワードと、安い・最安値・比較・通販などの購入検討系のキーワードを組み合わせた複合キーワードです。

  • ブランド名 安い
  • ブランド名 最安値
  • ブランド名 比較
  • ブランド名 通販

単品通販の場合や、商品名が知られていない場合は少し違ったキーワードを狙うことになりますが、ECサイトのSEOの場合だいたい決まっています。

検索連動型広告を出稿

Google AdWords広告やYahoo!プロモーション広告‎でキーワード連動広告を出稿しました。キーワード毎の表示回数(インプレッション)、クリック率、コンバージョン率(購入率)などを把握し、どの複合キーワードがショッピングサイトに合っているかを判断する材料に使います。

検索ボリュームを調査しキーワード毎の競合を調査する方法もありますが、調査したところで1記事毎・1キーワード毎に修正はできないため、この事例企業では実施していません。商品点数が少ない単品通販の場合、検索ボリュームや競合を調査してから対策するのも有効です。興味のある方は、以下記事をご覧ください。
参考アクセスを増やす!検索キーワード選定の注意点 [SEO対策]

狙ったキーワードで検索上位表示させる

検索結果で上位表示させるキーワードの選定をしたら、いよいよサイトの修正です。SEO対策のために新たなコンテンツ(文字要素)を追加しないと決めていましたので基本的にテンプレートのみの修正を行いました。

商品詳細/商品一覧テンプレートの修正

Amazonや楽天市場、ベルメゾンといった..大手ECサイトの場合は知名度も高くトップページから商品を探してくれる場合もあります。でも知名度の低い小規模ECサイトは、残念ながらTOPページから商品を探してくれるユーザーは非常に少ないのです。つまり、中小規模のECサイトのSEO対策すべきページは、商品詳細ページなどのいわゆる下層ページです。

リスティング広告で検証した狙うべきキーワードを意識して、titleタグ、h1などの見出しタグ、meta descriptionタグあたりを修正します。全体的な底上げを狙っての施策であれば、正直この程度でも十分効果はでてきます。逆をいえば、このような基礎的なSEOですらできてない企業が多いんです。コレ本当です。

内部リンクの修正

1ページあたりのリンク数が多くなるとページの評価が悪くなると言われています。ECサイトの場合サイト回遊を高めるためリンクが多くなっているので、内部リンクを少し減らしたり、rel=”nofollow”をつけて検索エンジンのクローラーがリンク先をみないように修正しました。ちょっとこのあたりは都市伝説的なものがあるので、やらなくてもよいかもしれません。

ECサイトSEO対策の結果

ECサイトのSEO対策の結果
最初に紹介したように、自然検索流入数がどんどん増え約3倍になりました。ただし、これは今までまともなSEO対策をしていなかったショッピングサイトの場合の話であって、すでにSEO対策しているECサイトでは効果が異なります。増えた要因は以下3つ。

狙ったキーワードの検索順位が全体的にアップした

SEO対策したキーワードの検索順位チェック
SEO対策で注力したキーワードを日々チェックしていると必ず上がってきます。しかも検索連動型広告で効果検証をおこなってからキーワードを選定しているので、自然検索流入のアクセス増加は売上に直結しました。

他のサイトが自滅した結果、相対的に順位が上がった

これまで紹介したSEO対策は、ホワイトハットSEOと呼ばれる正規の対策です。しかしその一方で、外部からの被リンクを購入するなどGoogleの品質ガイドラインに違反するSEO対策(いわゆるブラックハットSEO)を行っている会社もまだまだ見受けられます。

ホワイトハットSEOを地道に続けることで、パンダアップデート・ペンギンアップデート・クオリティアップデートといった検索結果の品質が改善されるにつれ…ブラックハットSEOをしている他のサイトが自滅していきます。つまり、検索結果の変動があるたびに自社のECサイトの評価が相対的に高まっていくのです。

広告や経年で知名度が上がった

これはSEO対策結果というよりも、サイト成長による純増です。SEO対策のほか、広告プロモーション・会員の増加によってサイトの知名度があがり、検索してくれる人が増えてきているからです。まともにサイトを運用し売上を伸ばしていると自然検索流入数も自然と増えてくるのです。

ECサイトSEO対策の課題と注意点

SEO対策をしても、120%~200%くらいの売上アップしか難しい

SEOでアクセス数を増やし、流入経路を最適化したとしても120%~200%くらいしか拡大は望めない…というのが個人的な見解です。大手ECサイトでSEO改善で120%にしたら売上も何億円って変わるのでかなりのインパクトがありますが、中小規模ECサイトは改善したとしてもたかがしれてると思います。

つまり、月商数百万円のECサイトでSEO対策だけに注力しても月商1000万円を超えることができないと思うんです。(誤解されないよう補足すると、ECサイトの売上が全体的にアップしたり、超ヒット商品を独占的に扱っていれば、自然検索流入の絶対数が増えて売り上げが何倍にもなります。でもそれはSEO効果とはちょっと違うと思うんですね。)

補足

ザッと書きましたが、月商100万円から3000万円へ売上を伸ばし、利益を増やすためにはSEO対策だけで実現しているわけではありません。適切に広告プロモーションを行っていますし、出荷件数・問い合わせ件数・アクセス数の増加に対応していきました。別途記事にしていきますので、ぜひご覧ください。

参考
[広告施策の考え方]ECサイト月商100万円から3000万までの売上アップ事例

NEW!! ありがたいことに最近、仕事依頼に関する相談が増えてきましたので、ウェブサイト・ECサイト支援に関するサービスサイトを立ち上げました!

 - Webサイト運営 ,

[SEO対策事例]通販サイト月商100万円から3000万の売上アップの道のり

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.