ねとたす

wpXクラウドでメールも使う方法。ワードプレスが超快適!

      2016/05/11

wpXクラウドでメールも使う方法

Xサーバーを愛用しているのですが、WordPress専用高速サーバーwpXも使ってみたかったんですよね。wpXクラウドサーバーの場合、初期費用もかからず1ケ月単位で使えるので何かと便利!

サイト規模やアクセス状況などに合わせて、全7段階の拡張していくことができるもの大きいのですが、wpXクラウドだとメールを使えないのがネックだったのですが、AレコードだけwpXクラウドに向ければ都合よく使えました。

スポンサード

wpXクラウドでサイトを構築してもメールを使える

独自ドメインのメールが使えないのが難点だったのですが、Xサーバーの方と連絡する機会があったので、AレコードだけwpXクラウドにして、MXレコードはXサーバーのままで利用できるか、ついでに聞いてみた。


> また、Xサーバーに登録したドメインで、
> AレコードのみwpXクラウドに向けることで
> サイト運営をwpXクラウド、メールサーバーをXサーバーで利用することは可能でしょうか?

お客様からご連絡いただいております通り、ご利用いただくことは可能でございます。
Xserver カスタマーサポート

大丈夫みたい!
XサーバーとwpXクラウドの機能比較しているサイトで、「wpXクラウドではメールが使えない!」と書いてあったの鵜呑みにした自分が馬鹿だった。。

wpXクラウドでメールを使えるようにする方法

wpXクラウドでも使い方によってはメールを使えるとのことだったので、さっそく使ってみました。

ざっくりとした流れ

  • お名前comで取得した独自ドメインを、Xサーバーのネームサーバー(DNSサーバー)に向ける。
  • Xサーバーの管理画面で、AレコードをwpXクラウドに向ける。
  • wpXクラウドの管理画面で、設定したい独自ドメインのDNSレコードを設定する。

※お名前comで独自ドメインを取得していることを前提にしてます。

Xサーバーの管理画面

Xサーバーの管理画面で、ドメイン>DNSレコードの設定をクリック
Xサーバーの管理画面でドメイン>DNSレコードの設定

DNSレコードの追加で、wpXクラウドで使いたい独自ドメインを入力する。
種別:A、内容:157.112.145.107 と入力して追加。

wpXクラウドで使う独自ドメインを入力

これで、AレコードのみwpXクラウドサーバーにアクセスするようになります。

AレコードのみwpXクラウドサーバーにアクセス

Xサーバーで設定するのは、以上。
次に、wpXクラウド側を設定します。

wpXクラウドサーバーの管理画面

管理パネルのドメイン管理>ドメイン追加設定をクリック。で、ドメインの追加。ドメイン名に先ほどAレコードを設定したドメインを入力する。Aレコード認証を選んで、ドメインの追加。
wpXクラウドサーバーの管理画面で独自ドメインの設定

これで終了です。

お名前com、Xサーバー管理画面でAレコードの設定できれば、ムームードメインやロリポップなど、他のサービスで使うことができると思います。

1つのサイトだけ運営するのであればwpXサーバー結構いいです!

NEW!! ありがたいことに最近、仕事依頼に関する相談が増えてきましたので、ウェブサイト・ECサイト支援に関するサービスサイトを立ち上げました!

 - ワードプレス ,

wpXクラウドでメールも使う方法。ワードプレスが超快適!

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.