ねとたす

タグマネージャでGoogleアナリティクスを設置する方法(v2編)

      2015/11/30

gtm_v2_00

Googleタグマネージャv2になって、使いやすくなりましたね!
Googleアナリティクスを設置するまでの手順をまとめました。

スポンサード

タグマネージャでGoogleアナリティクスを設置する手順

タグマネージャのスペニット

gtm_v2_01

Googleタグマネージャのサイトにログインします。「新しいアカウント」をクリックしてしましょう。

gtm_v2_02

  1. アカウント名を入力します。(後から変更もできます。)
  2. コンテナ名を入力します。(後から変更もできます。)
  3. Webサイトなので「ウェブ」を選択します。
  4. 「作成」をクリックします。

をつけましょう。(後から変更もできます。ココでは、sampleというアカウント名にしています。)
gtm_v2_03

Googleタグマネージャのコードが生成されるので、このGoogle Tag Manegerのタグをサイトに張りつけます。タグ直後が推奨されてますが、内でも動くのを確認してます。

Google Analyticsのタグを設定して公開

gtm_v2_04

「新しいタグを追加」をクリックします。

gtm_v2_05

「Google Analytics」をクリックします。

gtm_v2_06

  1. ユニバーサルアナリティクスを選択します。
  2. GoogleアナリティクスのプロファイルIDを入力します。(UA-XXXXXXX)
  3. トラッキングタイプは「ページビュー」を選択します。
  4. 「続行」をクリックします。

gtm_v2_07

配信タイミングの設定に移りますので、「すべてのページ」「All Pages」にして、「タグを作成」をクリックします。

これで、すべてのページでGoogleタグマネージャからUA-XXXXXXXに、ページビューデータを送信する。というタグができました。
 

gtm_v2_08

作成したタグを配信するには「公開」ボタンをクリックします。タグを作成しただけでは配信されない点に注意しましょう。

タグが正常に配信されているか確認する(プレビュー)

作成したタグが適正に配信されているか、公開前でも公開後でも簡単に確認することができます。
v2になってから、デバッグ機能が使いやすくなりました!

gtm_v2_09

「公開」ボタンの横をクリックすると、「プレビュー」「バージョンを作成」とでてくるので、「プレビュー」をクリックします。

gtm_v2_10

この画面に切り替わると、プレビューモードになっています。
Googleタグマネージャを設置しているサイトを閲覧すると、タグの配信状況がわかります。

gtm_v2_11

こんな感じ。
ページを開くタイミングでどのようなタグが配信されたのか下部に表示されるようになります。

v1に比べて、だいぶ使いやすくなりました!
が、名称が変更されたり設定する場所が変わったので、以前から使っていた方はちょっと戸惑うかもしれませんね。

NEW!! ありがたいことに最近、仕事依頼に関する相談が増えてきましたので、ウェブサイト・ECサイト支援に関するサービスサイトを立ち上げました!

 - タグマネージャ , ,

タグマネージャでGoogleアナリティクスを設置する方法(v2編)

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.