ねとたす

HTTPS化(常時SSL化)のデメリット・残念だったこと

      2016/05/11

F164KBFZ95

HTTPS化(SSL化)の流れに乗って、このブログも対応しました。

Xサーバーのワードプレス・ブログを完全SSL化する方法・注意点まとめ

作業途中、上手くいかず….ふぇぇ。となりましたが、無事完了。SSL対応してみて残念だったことをザックリまとめした。

スポンサード

HTTPS化(常時SSL化)のデメリット

ソーシャルシェアのカウントがリセットされる

Facebookのいいね!シェア、ツイート数、はてなブックマーク…シェアされたカウントがリセットされます。見た目が寂しくなりますねぇ。。

sns0

HTTPS化する前の記事はHTTPでのカウントを表示することも可能ですが、人気サイトでもないのでやめました。

HTTPSへの301リダイレクトを入れることで被リンクの効果は継承できますが、これけっこう凹みます。

Search Consoleは再登録が必要

これが一番残念!

HTTPS化(常時SSL化)すると、Search Console(旧ウェブマスターツール)に再登録が必要です。管理画面の設定で、登録サイトを http://netotas.net/ から https://netotas.net/ に変更できればよいのですが、現時点では対応していません。

HTTPS化(常時SSL化)前後を管理画面上で、かんたんに比較ができないのが残念ですねぇ。。

qe165312165qg3e2q

ちなみに、SSL化直後にサイトマップを送信したら、数日でほぼインデックスに登録されました。

 

HTTPS化(SSL化)は時代の流れ

検索エンジンのHTTPS化は、Google、Yahoo、Bingなど検索結果でのプライバシーを守るといった意向であって、直接的にSEO対策に関連するものではないと捉えてます。

とはいえ、検索エンジンに限らずウェブの世界全体がHTTPSに移行しているので、この流れに乗ってブログもHTTPS化(常時SSL化)しておいた方がよいのかなと。

しばらく様子をみて、クライアントサイトに導入していこうと思います。
 

NEW!! ありがたいことに最近、仕事依頼に関する相談が増えてきましたので、ウェブサイト・ECサイト支援に関するサービスサイトを立ち上げました!

 - ワードプレス

HTTPS化(常時SSL化)のデメリット・残念だったこと

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.