ねとたす

NFC決済の普及とリアル店舗の変化

      2015/05/22

1_0

POS市場において世界最大シェアを誇るIBMが事業売却。ネットの普及と合せ、NFC決済が浸透してくるとリアル店舗も大きく変わる。

リアル店舗の変化

  • キャッシュレジスターが不要になる
  • 消費者にとって決済の手段が現金だった時代には、現金を安全に管理する「キャッシュレジスター」が必須だったが、モバイル端末に決済機能が付与され、必ずしも現金が必須では無い時代が訪れようとしている。

  • 物を買う場所+αの付加価値が必須になる
  • 「物を選ぶ、物を安く買う」機能は突き詰めればリアル店舗は、ネットショップに勝てない。リアル店舗は「物を買う場所」以外にも、顧客に付加価値を提供する必要がある。

  • 店舗設計も変わるかもしれない
  • 店舗が物を買う場所で無いとしたならば「物を探す、レジに並ぶ」という今までの常識に最適化されて作られた店舗設計は、大きく変わる必要がある。

Apple Storeを生み出したロン・ジョンソン氏のインタービュー

  1. 2013年2月から全商品にRFIDを付与
  2. 全店にWiFiを導入
  3. モバイルチェックアウト、セルフチェックアウトを完備 
  4. 2013年中にキャッシュレジスターを全廃
  5. 2013年中に現金決済を全廃

その後(基礎となる土台を作り上げた後)、O2OやARを活用した「訪れる価値のある店づくり」へと変化させていく。
 
applestoredrug

POS端末への非接触決済技術の搭載予測(ABI Research社)

キャッシュレジスターとセットのPOS市場は縮小するが、非接触決済技術を活用したスマートデバイス等で構成する、空間に溶け込む新たなPOS市場にはニーズが生まれる。

  • 2010年時点では非接触決済技術を搭載したPOS端末は10%程度
  • 2016年にはPOS端末の85%が非接触決済技術に対応すると予測

これらのIT化が実現すれば、キャッシュコーナーがなくなり、レジ用の店員が不要になり、店内のどこでも決済が可能になり、買い物かごを置くだけで決済が完了する世界になる。

自分メモ

リアル店舗もどんどんIT化していくんですね。O2OとNFC決済は本当に面白そうだ。

参考記事:
IBMのPOS事業売却から考える「小売業の未来」
2012年08月28日 07:00 EnterpriseZine

 - NFC事例クリップ ,

NFC決済の普及とリアル店舗の変化

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.