ねとたす

O2Oビジネスの大きな特徴は、リアル企業側が本気で取り組み始めていること

      2015/06/16

o2o
ネットとリアルの融合した新しい時代の消費革命が始まった。これからますます、現実の世界にネットが本格的に融合していく。O2O(オンライン・ツー・オフライン)ビジネスは、新時代の消費革命の始まり。

時代の流れ

    • 高度経済成長期

-大量生産・大量消費の時代
-家族で同じ商品を共有する時代

    • オイルショック後、経済の安定成長期

-商品・サービスは成熟し、総中流化と言われる社会
-消費者の価値観の多様化
-カスタマイズされた多品種・少ロットの商品
-個人で利用する時代

    • 現在

-家族から解き放たれていた消費者
-新しい形で人とのつながりを持ち始めた

各企業の視点

リアル企業、ネット企業、通信キャリアの3方面から考える

    • リアル企業

O2Oビジネスの大きな特徴として、ネット企業によるサービスの押し売りではなく、リアル企業側が本気でO2Oに取り組み始めているということがある。
いかに競合他社と差別化し、消費者に選んでもらえる企業になるか
従来の広告・販促施策(テレビ・新聞等)では、ますますリアル店舗に来店してもらうことが難しくなる。

    • ネット企業側

スタートアップ企業のO2Oへの参入障壁が低くなった。
ネットとスマートフォンを使いこなす“ソーシャルネイティブ”の若い世代

    • 通信キャリア

ネット企業やリアル企業と提携し、O2Oビジネスに進出することで、ビジネス領域の拡大が実現できる。

元記事
O2Oビジネスで始まる新時代の消費革命
《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命/最終回》(1)
12/08/17(東洋経済オンライン)

 - O2O事例, O2O事例クリップ

O2Oビジネスの大きな特徴は、リアル企業側が本気で取り組み始めていること

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.