ねとたす

IoT市場予測まとめ(2020~2025年)

      2015/09/28

iot

IoT((Internet of Things)って聞くようになったけど、いろいろなモノがインターネットに繋がる…というだけの話。

IoT(モノのインターネット)の予測を調べてたので簡単にまとめておきます。

スポンサード

IoT市場動向

2020年

米国調査会社ガートナー社予測(2014年11月)

IoT(Internet of Things)とコミュニケーションする機器が2015年には前年比の30%増しの49万個、2020年には250億個になるという予測を発表しました。

米国シスコシステムズやOECDは、IoTにつながる機器は2020年には500億個になるとの強気な予測を発表。

大企業が続々参入!IoT市場動向-2015年からIoTが急増の見込み
2015/05/12・ニフティクラウド

インテルの予測 (2014年4月)

2020年までにインターネットに接続しているデバイスの数が、2015年予想の150億台を大幅に超えて500億台まで増える。

そのほとんどは、“人が使うデバイス”ではなく、自動車や自動販売機、工場設置機器、そして、医療機器である。

「モノのインターネットとは?」 〜IoTの動向と課題〜
2014/8/28・ビッグデータマガジン

IDCの予測

2013年の1兆3千億ドルから、2020年には3兆400億ドルに拡大する。

2020年のIoT向けデバイス接続数は300億台を超える。

世界IoT(Internet of Things)市場予測を発表
2014/11/18・IDC Japan株式会社

2025年

ノキアでセキュリティーセールスの責任者

世界50億人がネットワークに接続する。

モバイルデータのトラフィックが毎年40%増加する。

500億のモノがネットワークに接続する。

動画がコンテンツの80%を占めている。

50%のサービスで人間の関与が不要になる。

1人あたりのトラフィックが数GB/日

「自動運転車が狙われる!?」──IoT時代のネットワークセキュリティーとは
2015/06/02・WirelessWire News

まとめ

同じ会社でも発表する度に数値が変わってますし、各社数値がバラバラ。

いろいろな機器がインターネットに繋がるようになるという流れありますが、予測数については参考程度にした方がよさそうです。

IoTっていうキーワードが独り歩きしている方が気になる…

 

 - 技術動向

IoT市場予測まとめ(2020~2025年)

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.