ねとたす

インテリジェンスイベントの活用方法 [Googleアナリティクスの使い方]

      2015/12/15

anylitics-intelligence-event

Googleアナリティクスって、いつ、どれくらい見てますか?
サイト運営者の負担がグッと軽減されるインテリジェンスイベント機能について説明します。

スポンサード

インテリジェンスイベントの活用方法

anylitics-intelligence-event7

Googleアナリティクスのレポートって、いつ、どれくらいの頻度でチェックしてますか?

ぼくの場合ですが…絶賛プロモーション中のサイトの場合リアルタイムアクセスで動向を監視して状況によってレイアウトを変更したり広告の配信設定を変更したりしてます。が、その一方で月に1~2回くらいしかアクセスレポートを確認しない時もあります。

どんな時に使うの?

anylitics-intelligence-event1

たとえば…

  • サイト全体のセッションが急激に増加・減少したことを知りたい
  • 特定ページのページビューが増えた・減ったを知りたい
  • 自然検索流入が増えてきている・減ってきているを知りたい
  • ECサイトの売上が増えた・減ったを知りたい
  • コンバージョン率が改善した、悪化したを把握したい
  • サイト内検索が急増したときにすぐ知りたい

カスタムアラートは自分で設定した指標が一定期間内に変化量を検知してアラートを配信するものです。Googleアナリティクスで使われているほぼすべての指標でアラートをセットできるので、使い方は無数にあります。普段チェックしている指標でカスタムアラートを設定しておくと、レポートを見る回数を減らすことができます。

重要なのは大きな変化を見逃さないこと

Googleアナリティクスの管理画面を毎日ずっと見ているわけにはいかない。。という方には、インテリジェンスイベント機能やカスタムアラー機能を使うと便利です。トラフィックの変化を監視して大きな変化があった時にメールで通知してくれるので、ぼくも使ってます。

アラートの種類

自動ウェブアラート サイトの利用状況やトラフィックの指標に大きな変化が検出された場合に生成される
自動AdWordsアラート AdWords からのトラフィックに大きな変化が検出された場合に生成される
カスタムアラート 指定した特定のしきい値にトラフィックが達した場合に生成される

インテリジェンスイベントで表示されるアラートはこの3種類です。詳細については下記で説明します。

インテリジェンスイベント機能の使い方

Google アナリティクスのビューを表示し、[レポート] タブを選び、[インテリジェンス イベント] をクリックするとインテリジェンスアラートを確認することができます。

anylitics-intelligence-event2

上記の画面は[サマリー]を表示しています。日別、週別、月別は短期的、中期的、長期的なイベントを確認することができ、それぞれの定義は以下のとおりです。

サマリー 指定した期間に表示されたアラート
日別のイベント データの日単位の変化に基づいたアラート
週別のイベント データの週単位の変化に基づいたアラート
月別のイベント データの月単位の変化に基づいたアラート

1.自動ウェブアラート

anylitics-intelligence-event3

自動ウェブアラートは、Googleアナリティクスを使っている方はすべて出ているはずです。ウェブサイトの利用状況やトラフィックの指標に大きな変化が検出された場合に生成されます。具体的には、Googleアナリティクスがこれまでの動向から予測値を持っていて、予測値から大きく乖離する数値になった場合、自動的にアラート発信されます。

2.自動AdWordsアラート

自動AdWordsアラートは、GoogleアナリティクスとGoogle AdWordsを連結させている場合に限ります。Google AdWordsというネット広告経由でのトラフィックに大きな変化が検出された場合に生成されます。たとえば、いずれかのキャンペーンのクリック率が劇的に上がった場合や、いずれかのリンク先 URL で発生した収益が前週に比べて大幅に低下した場合などにアラートが表示されます。

参考Google AdWords公式サイト

3.カスタムアラート

anylitics-intelligence-event4

カスタムアラートは、ユーザーが指定した特定のしきい値にトラフィックが達した場合に生成されます。カスタムアラートを設定している場合にのみアラートが発信されます。たとえば、東京からのアクセスが 20% 以上低下した場合に、売上が30%以上増えた場合に…などユーザーが条件を設定することができます。

カスタムアラートの設定方法

anylitics-intelligence-event5

[アナリティクス設定]を選び、ビュー列の[カスタムアラート]をクリックします。[新しいアラート]をクリックして、アラート条件設定画面を開きます。

anylitics-intelligence-event6

アラート条件にしたい指標を選択し、条件を選択し、値を入力します。

たとえば…

期間:日
対象:すべてのトラフィック
通知:セッション
条件:超える
値 :1000

と設定した場合、1日のセッションが1000を超えた場合にカスタムアラートが反応するといった具合です。「このアラートが発生したときにメールで通知する」にチェックを入れておけば、毎日メールで通知してくれます。

参考
インテリジェンス イベントについて|アナリティクスヘルプ
インテリジェンス イベント レポートの使用|アナリティクスヘルプ
カスタム アラートの作成と管理|アナリティクスヘルプ

インテリジェンスイベントを使っている感想

独断と偏見で、インテリジェンス機能の使っている感想をかきます。

インテリジェンスアラートのメリットは?

重要な変化を見逃さない。パッと見で気付かない変化を教えてくれる…これに尽きます。
2~3サイトであれば毎日レポートをチェックすることも可能ですが…ぼくはこのサイトを含めて30サイトくらいアクセス動向をチェックしているので、インテリジェンスイベントがないと各サイトの状況を把握できません。。。毎日全サイトのアクセスを見て1日が終わってしまっては、何のためのアクセスレポートなのか分からないですしね。改善に活かさないとっ。

というわけで、しっかりと時間をかけてサイトを分析するとき以外、日々のアクセスチェックは大きな変化を見逃さなければOKと考えて、インテリジェントアラートのメール通知が来たらチェックをするようにしています。

インテリジェンスアラートの欠点は?

インテリジェンスイベントは、日別、週別、月別でしか設定できません。アラートがあったタイミングで、メール通知を受け取ることができますが最短でもデイリーレポートになります。つまりどういうことかというと…たとえばYahoo!Japanなど大手メディアにリンクが張られたり、Twitterで情報が拡散したりして、突発的かつ急激なアクセス変化があった場合は、リアルタイムで把握することができないということです。

ついつい欲張りってしまいがちですが、Googleアナリティクスのインテリジェンスイベント機能はサイト改善のヒントを手助けするものであってリアルタイムに何かを検知する機能ではないんですね。

 - Googleアナリティクス

インテリジェンスイベントの活用方法 [Googleアナリティクスの使い方]

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.