ねとたす

4foodの「消費者・巻き込み型」の店舗運営のまとめ-これってO2O戦略?

      2016/05/11

4food_01
以前から、あるサービスですし、O2O戦略と言えるか微妙なものだけど、一応メモ。

スポンサード

4foodの「消費者・巻き込み型」の店舗運営メモ

消費者がメニュー開発に参加でファン醸成効果

  1. 店内のタブレットでハンバーガーをオーダーメイド
  2. パンや肉、野菜、ソースなどを個別注文できる。1億4000万通り。

  3. オーダーメイドしたハンバーガーに自分で名前をつける
  4. ユーザー参加型?ファン化?のような愛着の湧く施策。

  5. レシピに名前を付けてネットに公開
  6. カウンターに注文が飛ぶと同時に、4foodのサイトの「Trending Burgers」の欄に、注文時に自分が付けたバーガー名が表示される。店頭注文からオンラインへ。

  7. 注文があるとポイント還元
  8. アフィリエイトプログラムとポイントで顧客の固定客化・ファン化

4food_02

消費者が新規客を連れてくる宣伝効果

  1. オリジナルバーガーは登録しただけでは、ほとんど誰も見ない
  2. ソーシャルメディアで友達に宣伝
  3. みんなに買ってもらう
  4. (買われなくても、4Foodの認知が高まる)

4food_03

参考:
4food公式サイト

 - O2O事例クリップ , , ,

4foodの「消費者・巻き込み型」の店舗運営のまとめ-これってO2O戦略?

ウェブが好きな中小企業診断士のブログ

Copyright© ねとたす , 2016 All Rights Reserved.